忘れた恋の始め方 – 藤田麻衣子

恋はするものじゃなく
落ちるものだっていう
僕はしようとしていたような
する気もないような

年の数 臆病になる
先読みばかりしてる
無理してまで一歩を
踏み出す気にもなれず

いつもそんなふうに
本当の自分を
ごまかして 過ごしてきたから

忘れた恋の始め方
何一つ思い出せなくて
人はどんなふうに始まりに
気づくのだろう
忘れた恋の始め方
今一つ思い出せなくて
君の手を握るタイミング
見つけられずにいる

気づけばいつもなぜか
自然に話せる君
だけど恋愛となると
また僕は立ち止まる

君がシャツの裾
引いて 僕の指
握るから ついはぐらかした

忘れた恋の始め方
何一つ思い出せなくて
人はどんなふうに感情を
隠すのだろう
忘れた恋の始め方
今一つ思い出せなくて
僕の手に触れた君の手を
まだ握れずにいる

何でもない顔をしても
照れたのはバレた気がした
君はほほえんで
そのまま手を繋いでくれた

忘れた恋の始め方
どこかであきらめかけてた
こんな気持ちにまだ戸惑いを
感じてるけど
忘れた恋の始め方
何一つ思い出せなくても
僕なりの方法 君となら
見つけられる気がした

次はきっと僕が君の手を
握るから

忘れた恋の始め方
僕なりの恋の始め方
忘れた恋の始め方
僕なりの恋の始め方

見つけられる気がした

コメントを残す