どれだけ温め続けても選考基準に満たない私早く見捨てていいよ足りないまま投げ捨てれる事が生きてく術だと諦めつけたこのまま咲き誇れないよそっと傷つく午前二時 迷いが生じて灰色言葉に詰まる夜がある泣いてた方が滲んで見えるからイルミネーションわがままな歌が聞こえる飛び出したなら 戻って来れないよポケットの中で握ってる君の言葉が置き去りになってく温かく枯れてた残った宿題が終わらない人生においてつきまとうから
ここから先はまた独りだいい加減うんざりする未来永劫分かり合えない希望なんてありはしない怖くない?そんな訳はない何度味わっても慣れはしないスタンドアップだ 処刑台の上で踊ろうかいち に さんあなたにとっては他愛ないいつも通りの一言だろうこちらにしてみりゃ戦争だ逃げる場所なんてない気が狂いそう 止まない警報爆撃は今も続いているだけどきっと奈落の底で生命は匂い立つんだ最終地点は知らない 安住なんて求めな
感情に鮮度があるなら ムカつく事から腐っていけそしたら私の傷口は新鮮な 感じに仕上がる気の利いた紙袋の 泥団子を今喰ってみろないがしろにしたお前から 美味しい顔をしてこの目に焼き付けよ 脈を打つコントラストだらしない夜と 楽勝に生きていくはずだったでしょう超DIEしたい 超PUNKしてく 頂戴ループ 日常舐めあった傷で慰め合う超タイプなら証明してよ 丁度いいの待っていた吸って吐いて笑って怒鳴って悦
扉を閉めて向かい合ったなら今日も戦を始めましょうそれはあなたの人間性を暴きたてる戯れ幾千の爪痕残す戦場まるで四角い宇宙のよう夜が明けるまで死と再生を繰り返す場所そんなに息荒げんでもさいいやん先生ウーロン茶やけん しようっち言いよろうがちゃベタ足の殴り合いさあブリーフィングは要らないという精鋭挨拶代わりの先制リーチ疑心暗鬼なんて言うし右往左往小四喜狙って放銃1000点この愛おしいフラストレーションに
目の前の煙たさに慣れてきた部屋で上手くやれた試しはない 終わった目のあたしなきゃないでいいよ 乞われても知らんぷり何もかもが売り切れ 君も寂しい人突っ込んで また突っ込んでいつか当たりが出るかもしれないでもすっ飛んで またすっ飛んで殺される相手は決めたいの肖像画の紙 これで一夜の愛だって手に入る犯罪だったり水掛け論もこれで解決耳を塞ぎたくなる世界の仕組みガッカリ だりィ money途方もない日々に
夜をさがしたよ 懸命に透明にはなれなかった集結させたら 延命に砕け散って土に還った交わらないの大前提に約束など増やさないで整理整頓は出来ない大事な物は手元にある狂ったチューニングで聴かせて情けない靴底 どっか行きたそう腐ったレインボーどう見えんだ申し訳ないが あたしにはこう映る難しかったパズルもたまに邪魔が入るから生きていながらの地獄を何度も味わう ハイファイ尖った枕で寝るような心地の悪い夢の現実
アラームが鳴ってても 目覚めないこの国に生まれてきた 僕らの現実はハンドルを縛ったり ハードルをくぐったり慣れるなんて 絶対不可能さ配られる種で育つ未来笑い飛ばしたキミを 喜ばせたいけど僕の振り回す手が 空に届いてあの星を盗み出せたら 何か変わるのか辿り着いた誰かが 残していった旗に群がるなんて 下品なしきたりさ来るべき時が来たら キミの立つ足元も頂上なんだ それは間違いない海を逆さにしたような空
死ぬまでピエロでいたいと思った絵空事だけじゃ飯は食えないろ頭と足元イコールじゃないまま置いてけぼりにも慣れたシャワーの水圧はいつも心配そうだ視界が晴れたら変わるかな今だけ今だけ、いまだけこんな街のせいだ こんな夜のせいだこんな日々のせいだろ 全部誰かのせいだ1番になれない十字架を背負って何事もないように月が食べてしまった出来レースの中で踊らされたんだ発射台の中指は見切れていた昼間の頭痛薬が切れ始め
くっついちゃったね何もかも忘れさせてほしいよ正しい体温の中くっついちゃったね本当は背中のチャックくらい降ろせる私ったらあざといなこれで良かった これで良かったんだスカートの中を共有 あなたは誇らしそう知っちゃったら もう知らなかった頃に戻れない計算ずくの腕まくら知っちゃったんだよ 夢みたいな数分間なら今日を以って甘い罠知っちゃったら もう知らなかった頃に戻れない計算ずくの腕まくら知っちゃったんだよ
永遠の音が聞こえる 左胸をノックしている集合写真が似合わない私を笑わなかったこの前の距離は忘れた産まれて死んでく人ひとりでさえ演じきっていたあいつの背比べに甚だうんざりしていたとりこぼしてゆく毎日 取り戻したい事ばかり宛名のいらない世界じゃ私は輝けない簡単にできたはずなのに 作り方を見失って言葉のない夜を越えたその先に 君が待ってた「共犯者だね」と笑い合う怖いはずなのに失うものなんてそういや なか
突然変異のように感じるでしょだけどこれは潜在的に在ったの寝る前の走馬灯のようなあとがきどこにも行かないフリして逃げだせたなら瞬く夜に学んだ 運命に動じちゃいけない色の足りない世界で身代わりの歌ばかり歌ってる覆せもしない愛なんて歌って片付いた気になったり出来ないや私だけが知ってるあの通りに行って今あるドラマチックを使い切ろうかたとえ夜を越えたって光が差すことはないちょうどいいなんて一瞬だ私には響かな
清楚に見えとるあの子もよろしくやっとるんです文章だけの噂だから信ぴょう性はない隣に住んどるあの子の部屋がどうやら騒がしい目で見たわけじゃないから真相は分からないいざという時の色気の無いパンツあの子の裏技役に立たないねえ 大切なところから食べられちゃうのは世界がそうやって回っているからねえ 大切なところから見せたもん勝ちなのあなたは違うって信じたいけど首を傾けただけだった確かに無傷だったけどカシオレ
突き刺す時間に追われてもすでに終わっているこのザマ滑稽な姿晒してもインターネットは友達じゃない細胞みたいなWi-Fi使って相談しましょ そうしましょカーテンを閉めてエンドレスサインを送るね見つけてくれないかくれんぼ誰が私を知ってるの?使いすぎて電池切れのこっそり疲れた私が求めていたアウトプットモノマネになるからやめたサイボーグみたいなサイト リロードして相談しましょ そうしましょベットに潜って永遠
解体新書を超えられないこないだハタチを超えたあたり迎えたばかりでさようなら尽きちゃうなんてナンセンスどうにかしたいどうにもならない カタルシス遠い昔は擬音すら出てこないどうにかしたいどうにもならない カタルシス救ってあげたい 首は突っ込めないよもう2時間経ってもやって来ないやる気はしばらくやってこない死角で居場所を見つけたゴミいずれは私もあーなりたい飽きが来ても余力を残して カタルシスそんなお菓子
生産性のないこんな事全部全部全部許してもらおうあんな時代に生まれたかった親は泣いてた 友達はいるのか最初は良くしてくれていた人にクロスカウンターをくらった大人げないな 大人げないなあの歌も違う人のものだった言葉が古くなっていくほら、もう何かを忘れた届かない所がかゆい無くしちゃうから欲しくないこれっぽっちも生きられないこれっぽっちも生きられない好きなものに好きな歌ばかりこれっぽっちも生きられないこれ
なけなしの1000円チャージしたあの時笑ったあいつを許さないおまえの会社潰れろ挙げ句の果て路頭に迷えと呪ったすぐ傷付くから人を傷付ける術を完全に網羅してる誰も患った事のない病名先生私だけに付けて若くして死んでいった母親は今頃生まれ変わってるだろうかキミから愛してもらえたら100万人に優しくできたのに環境のせいにしたくないけど愛されて育ちたかったお願い狭まらないで 私の許容範囲誰がこんな人格に仕立て
私だけがいない世界にか弱く終われない捨てるのめんどい免罪符そんな難しくしないでよこんな絶望は要らない私だけがいない世界に光はない涙はタナトス 血は通ってるかい?すぐ作ってすぐ壊しちゃう あー酷いな大切が中途半端だから我に返った時 儚いの使いづらい言い訳もここぞの魔法も使えないいい事だけを聞かせてよ真に受けたい バカみたい私だけがいない世界はこだわってよそ行きで飾った情けのない姿替わりなんていくらで
今日も顔洗って寝れなかった私、終わってる髪の毛巻いてても部屋は汚いよこのお守りきっと白黒つけれない時のためお財布に忍ばせて最後神頼み暗いからリップサービスのダンスを離したくなかったら、もっと優しくして別れ際に振り向かない君の一貫性に何度も悔しくなった会いたいなら、もっとハッキリ言って同じくらい愛してくれるの待ってたヒロインになりたいタバコの違いも知らない私にはちょうどいい情報で君をただ眺めてた順番
あの時投げ出さなかった道今も運転中手に余るほどに原動力をくれる行ってみたいんだlive driveしたいなあっちで笑っていてこっちでは泣き虫な忙しない私を愛してあの時私が拭えなかった涙はあなたがまるごとすくいあげて上書き保存して連れて回してくれあんなとこやこんな場所ドライブモードの言葉を乗せてゆくよそっぽを向いたりして嘘に嘘を重ねたろくでなし私も愛してあなたが私を見つけ出してくれたからさみしいなん
いらない物を置いてきたけどこの声だけは残しておきたくて生温く心地よいのは終わり使い古しの私じゃない叶わないからもう壊そうか全て手に入る胸の奥には隠し持ってた狂気は誰がないがしろにしただいたいの事を忘れていくよこの世はとっても美しいありきたりだと言われた私が一番新しいうたうの 笑うの 愉快よ嬉しい 楽しい 歌うの叫ぶの
最後の最後まで おとぎ話を信じさせて指の隙間をただ ハイライトがすり抜けてく群青色を雲が隠す これは誰のせいでもない柔らかい日々ならくれてやる 散々 汚い事したい私がここで笑えば それが全ての正解だからあいも変わらずに殺めてよ約束を交わさなくちゃ こぼれる歌住んでた駅さえも色づいちゃってさ なんか悔しい散りばめられているホログラムを擦り付けてグミを食べるならガム噛んで 消化試合をしましょうあの子を
胡乱にくすんだ鳥籠の中飛ぶ事を忘れたピンクのカナリア古びた扉の錆び付いた鍵砕いて溶かして開けば月明かり微かに 赤い爪照らした踏み出せば容易く崩れるペルソナ開かれた世界は吐き気がするほど美しかったこの光の下暴かれた黒い翼笑ってそっと広げたならいま 走り出した焦燥は叫びとなり答えをきっと導くだろう足元 散らばるパステルの羽渇きが殺した幻想ただそこに転がる この性と屍迷いは影となり姿を象るモノクロの願い