白虎隊 – 藤山一郎

戦雲暗く 陽は落ちて
弧城(こじょう)に月の 影(かげ)悲し
誰(た)が吹く笛が 知らねども
今宵(こよい)名残(なごり)の 白虎隊

紅顔可憐(こうがんかれん)の 少年が
死をもて守る この保寒(とりで)
滝沢(たきざわ)村の 血の雨に
濡(ぬ)らす白刃の 白虎隊

「南鶴(みなみつる)ヶ城を望(のぞ)めば 砲煙(ほうえん)あがる
痛哭(つうこく)涙(なみだ)を飲んで
且(か)つ彷徨(ほうこう)す
宗社(そうしゃ)亡(ほろ)び 我事(わがこと)終(おわ)る
十有九士(じゅうゆうきゅうし) 屠腹(とふく)してたおる」

飯盛山(いいもりやま)の 山頂(いただき)に
秋(あき)吹く風は 寒けれど
忠烈(ちゅうれつ)今も 香(か)に残す
花も会津の 白虎隊