愛馬進軍歌 – 藤山一郎

国を出てから 幾月ぞ
共に死ぬ気で この馬と
攻めて進んだ 山や河
執(と)った手綱に 血が通う

昨日陥(おと)した トーチカで
今日は仮寝の たか鼾(いびき)
馬よぐっすり 眠れたか
明日の戦(いくさ)は 手強いぞ

弾丸(たま)の雨降る 濁流を
お前たよりに 乗り切って
つとめはたした あの時は
泣いて秣(まぐさ)を 食わしたぞ

慰問袋の お守りを
掛けて戦う この栗毛
ちりにまみれた 鬚面(ひげづら)に
何で懐(なつ)くか 顔寄せて

伊達には佩(と)らぬ この剱(つるぎ)
まっさき駆けて 突込めば
何ともろいぞ 敵の陣
馬よ嘶(いなな)け 勝鬨(かちどき)だ

お前の背(せな)に 日の丸を
立てて入場 この凱歌
兵に劣らぬ 天晴(あっぱ)れの
勲(いさお)は永く 忘れぬぞ