罪の香り – 藤井風

声も聞かさないで 出て行って
いったい何が欲しいわけ

何も触らないで ほっといて
何も求めちゃいないのに

怠惰がうるさいのよ
いつも落ちる方がラクなの
だけど ハートが分かってるの
あとで死ぬほど 泣かなきゃいけないこと

理性がショボいのよ
気づかぬフリで甘やかしてるの
だけど そろそろ耐え難いの
別の恐怖と 今は戦ってるの

おっと 罪の香り
抜き足差し足忍び足
おっと 罪の香り
逆らい難い嫌な匂い
おっと 罪の香り
気付いた時にはまだ早い
ちょっと もうヤメたり
全部消えて無くなる前に

ほんの少しだけで それだけで
ふりだしに帰り得るもの

でも藻掻くいた分だけ 強くなって
救いは必ず来るもの

エゴはやかましいのよ
ちょっとお席外しといてよ
誰も 何も 座れないとこ
神聖な場所 もう邪魔でしかないの

欲望 しつこいのよ
消えたそばから現れないでよ
懲りもせんと 付きまとうのも
これで最後よ 鼻が利きだしたのよ

おっと 罪の香り
抜き足差し足忍び足
おっと 罪の香り
逆らい難い嫌な匂い
おっと 罪の香り
気付いた時にはまだ早い
ちょっと もうヤメたり
全部消えて無くなる前に

もう恥じることなんてない
他に怖いものなどない
もう恥じることなんてない
他に怖いものなどない