透明とアシ – 藍色アポロ

沈む陽が頭だけ残すように、いつだって伸びる影に目をそらす
線路沿いを帰る間に残していくものを決めよう
単純なものが僕に響いて絡まって深く閉ざす
殻にくるまって転がって、壊れてしまったらいいのにな

奔走の一途が地平線にのって
跳躍の合図の3・2・1で踏み込んだ

透明と思って笑いかけたことも
意味のない自由で夢を見るさ

くだらないものに時間をそそいで
ダラダラと日々を過ごす
欲望と誰かのアイロニーがかたくなに居座るけど
誰かが描いた落書きの絵画 膨らんで僕を揺らす
端っこに描いて抗って、塗り潰されればいいのにな

逃走の一歩が地平線にのって
凋落の合図の3・2・1で踏み込んだ

透明と思って放ちかけた言葉
理由もなく走って、過ぎ去るのさ

奔走の一途が地平線にのって
跳躍の合図の3・2・1で踏み込んだ

透明と思って笑いかけたことも
意味のない自由で夢を見るさ

透明のようで消えかけたものが
君と僕、繋いで引き寄せるよ