彩色の星 — 藍井エイル

小さく輝ける真昼の星に誓う まだ形の無い未来でも

いつの間にか刻まれた思い出たち 何も無いと諦めて目を閉じてた

壊れてしまいそうな弱さに 大切にしたい物全てを
奪われて色褪せてく 君はどこにいるの?

それぞれの世界で明けていく夜空が 目覚めの朝を迎える
小さく輝ける真昼の星に誓う まだ形の無い未来でも

笑顔映す鏡の前の少女と 願う程に淀みゆく少年の目

出会うはずの二人の距離は 切なく離れてしまうけれど
ささやかなこの夜明けを 君に伝えたくて

すれ違う二人のそれぞれの空には 同じ数の星灯(ほしあかり)
願いと躊躇い(ためらい)と哀しみの色彩が そっと重なりあえるように

それぞれの世界で明けてゆく夜空が 目覚めの朝を迎える
小さく輝ける真昼の星に誓う まだ形の無い未来でも

今もこの世界で幾つもの夜明けが 静かに訪れてゆく
同じような日々に伏せた顔を上げたら 君色の空に届くから

小さく輝ける真昼の星に描く 君の未来が近づいてる