夢の中へ – 薬師丸ひろ子

あなたの言葉が 胸に届いて
今日は 淋しさも少し おだやかに 見れるの
あなたの素振りが 気になり出して
私 ブラウスの色も はなやかに 変えたわ
ねぇ あなた なぜ無口なの でもいいの そのままで

夢の中へ あなたの手を引いて 連れて行きたいの
夢の中へ わたしだけが あなたの話を聞くの

大人になる度 失うものが
増えるなんて許せない あなただけ守るわ
ねぇ ずっと少年のまま 生きていて 大好きよ

夢の中で 素足のまま二人 渚を走るの
夢の中で 二人だけの 素敵な時間(とき)をあげるわ

夢の中へ あなたの手を引いて 連れて行きたいの
夢の中へ わたしだけが あなたと話をするの