ZERO CONCERTO – 蓮沼執太フィル

街はあかるく そこにはいない
すべてが見える 言葉の彼方
誰かが見てる エトセトラ飛ぶ
小さく燃える 星が現われ
歩きはじめる 葉が舞い落ちる
光のなかで また覗き込む

さっき光り出した
街の明かりが遠くに見えた
歩いていたまま目線を上にあげてみれば
星空もまた光り出してた
いくつあるのかすべて知りたいんだと思えて
見渡してみたけれどそうじゃないって気付いたの
色んな光が見れる ここでも
分かった気がして呟いた

まだ光ってるな
街の明かりが近くに見えた
歩いていたまま目線を上にあげてみれば
月が少しだけ消えかかっていた
どこへ続くのかもっと知りたいんだと思えて
目を凝らしてみたけれどそうじゃないって気付いたの
色んな光が見れる どこでも
分かった気がして歩き出した