HOLIDAY feat. 塩塚モエカ – 蓮沼執太フィル

聞こえる いつかの 君の声 サイレンス

吐く息は白く 足早くターミナル 放射状 鮮やかに 僕らのアクセス
バスタを背にして 甲州街道を眺め 喧騒の中で 君を探してる

空白を埋めて 乾いた地面に 手をあてて 痛みをとくように触れる

振動微かに 音が走り出し 新しい時 すぐに駆けつける

街のネオンが 2人を包む はじまり告げる 声あつめ
影が動いて 指先 光 ふと振り向いた

聞こえる どこかで 君の声 サイレンス

どこまでも続く この道に灯り 交差する想い ひとつひとつ触れ
手のひらに書いた 宛先に送る 消えていきそうで 新たに生まれる

街のネオンが 2人を照らす 淡くなりそう 目に焼き付け
影が動いて 指先 光 ふと振り向いた
描いた線は形を作り 一瞬の中で 輝いて
影をあつめて 地上に光 ふと振り向いた

聞こえる いつかの 君の声 サイレンス

聞こえる 見えない 音が 響く

そびえ立つビルの 窓に星空 闇をやぶって ガードレールこえ 呼吸を整え
街灯の下で タクシー飛び乗り 君に会いにいく

街のネオンが 2人を照らす はじまり告げる 声あつめ
影が動いて 指先 光 ふと振り向いた
冬の景色が彩り求め すべての中で 輝いて
影をあつめて 地上に光 ふと振り向いた

聞こえる いつかの 君の声 サイレンス
ここに棲む どこかで 生きてる サイレンス