酒と泪と男と女 – 萩原健一

忘れてしまいたい事や
どうしようもない寂しさに
包まれた時に 男は酒を飲むのでしょう
飲んで 飲んで 飲まれて飲んで
飲んで 飲み潰れて 寝るまで飲んで
やがて男は静かに寝るのでしょう

忘れてしまいたい事や
どうしようもない寂しさに
包まれた時に女は 泪流すのでしょう
泣いて 泣いて 一人泣いて
泣いて 無き潰れて寝むるまで泣いて
やがて女は静かに寝むるのでしょう

又ひとつ女の方が偉く思えてきた
又ひとつ男のずるさが見えてきた
おれは男 泣きとおすなんて出来ないよ

今夜も酒を煽って 寝むってしまうのさ
おれは男 泪見せられないもの
飲んで 飲んで 飲まれて飲んで
飲んで 飲み潰れて寝むるまで飲んで
やがて男は静かに寝むるのでしょう

コメントを残す