ドレスを脱がせて — 菅原卓郎

届かないドレスの背中の
ジッパーを誰か上げてよ

パーティーは始まっている頃
なのにまだ鏡の前で
慣れない派手なメイクも途中で
あなたがくれたピアス探した

部屋中をかき回して ドレスも靴も 全部試して

出会いを探して出かけて行くにも
ドレスは一人じゃ上手く着れないなんて
ああ あなたがいればなんて また思っているの

パーティーが終わりかけた頃
タクシーはようやく着いて
知らない顔も知ってる顔も
グラスの泡に溶けては消えた

虚しくて抜け出したら 涙あふれて 空を見上げた

出会いを探して出かけて来たのに
ドレスは一人じゃ上手く脱げない だから
ああ あなたがいればなんて また思っているの

まわる まわる まわる 見上げた 夜空の星屑
ひとつ ひとつ 指でつないだら あなたになりそうで ああ…

ピンヒール手にぶらさげ 歌を歌って 空を見上げた

出会いを探して出かけて来たのに
ドレスも一人じゃ上手く着れなくて
出会いもないまま 帰って来たのに
ドレスは一人じゃ上手く脱げない だから
ああ あなたがいればなんて また思っているよ
馬鹿ね まだあなたがいれば なんて また思っているよ