女神の祈り ―Requiem― – 茅原実里

海の底のような ひとりきりの世界
許されない罪を背負って

まだ知らない愛の意味を探しながら
終わりのない旅は続く

大切な人へ 心をこめて
想いと言葉 綴り 生きる
惜しみなく 捧げなさい
その哀しみ 星になるまで

碧く 碧く 澄み渡る空 祈りの中
すべての者 癒すために
そっと贈る Requiem

最期の瞬間に 溢れ出す真実
紡いだ さよならの手紙

愛おしい人と過ごした日々は
尊い記憶 つたう涙
安らかに 眠りなさい
慈しみの腕に抱かれて

遠く 遠く 儚く消える 時の彼方
奪われても 確かなもの
胸に光る 永遠に

Ah… Rest in peace…
Ah… Rest in peace…
There’s no sorrow

高く 高く 虹を越えてく 願いひとつ
風がつなぐ 絆の糸 今 信じて

碧く 碧く 澄み渡る空 祈りの中
すべての者 癒すために
そっと贈る Requiem

コメントを残す