ゆるむ風の先で笑ってる 耳をくぐり抜けるハミング日曜の午後は いつだって青空 出会うための道のり 眩しさを目印にああ、手招きしてくれたね 触れた心が覚えてる はじまりの優しい日々 その続きを追いかけるような今日があること疑わない 君とこれからも生きていくさり気なさに 並ぶ存在を感じながら大丈夫 歩いていけるんだ 次の交差点が来るたび きっと何度でも手を振って元気だよ、またね くり返す、ありがとう 何もなく
Wow…Contact Re:ContactWow…Contact Re:Contact 空を飛べるなら何が見えるのだろう 地平の先の彼方わからない それでも運命は旅立ちの刻告げるから荒ぶる風に吹かれてみよう 弱い自分はまだ 痛み消せないけれどいつか優しさへと変わるの? 変えたいよ 翼がないままでも 明日を飛ぼう嵐の中でも 凍えながら進もう翼がないままだって 明日へと向かう心は抱きしめる思い出たちを強く抱き
必ず思い出すとおもう“ふれあい”に貰った風景と “パレード”を一緒に歩いて何度も感動を分かちあえた時間 地図のない旅は続くけれど踏み出せる勇気 私にくれたんだね 閃く旗が 眩しい笑顔が -WAVE OUR FLAG-知らない未来も 希望に変えた“全ての愛は歌”になるからメロディーに乗って 響いていくよ “彷徨う夢”の先へLeave for live 鍵を開けて 回る 踊る“新しい幻想曲-イメージ-”煌めくたびに 喜び
もう誰もいない 私しかいない砂漠に咲く菫の花 涙も枯れ果て 乾いてしまった大地の命はいつ甦るのだろう 探し続けていた未来 喪失の瞬間-とき-戻せない 狂った時計を空へ高く高く投げ捨ててた 叫ぶように愛して 私を赦さないで言葉には出来ない “想い”全部見えない矢で放って 私を射抜ぬくほどに痛みの先にある 慚愧の壁 乗り越える時まで私、この実 赦せる時まで…赦さないで 乱れる理不尽 遺す蜜もなく力尽きて倒れた
2004年に声が生まれてその声は命になったその命は輝き続けて現在に至る…それだけ? 2019年その命に名前を付けるためにまた私は声を灯す大切な誰かに届くと信じて…聞いてる? Ah! みんなどんな どんな温度感で 夢見てるんだ?Ah! きっと泣いて 泣いて笑って 生きてる実感 Right hand は今までの足跡を指差す (Da Da Da!)Left hand はこれからの行く先をなぞる (Da Da Da!)Check,
May the miracle at Christmas night.May your Christmas wishes come true. 白い息が 星を隠して 雲のように 流れてゆく立ち止まって見上げてた ふっと煌めき 橇(そり)はこの街に舞い降りた 奇跡を起こす魔法で 心変わりはじめてく 海を越え 愛を届けよう Merry Christmas all your
Sing! 始まるのさ 今年もこの 魔法をかける夜(よ)がJoy! 輝くのさ 広がる夢 世界を包み込みSing! 煌めく夜 星降る夜 幸せを運ぶよJoy! 心込めて 走り出すよ Make your dreames come true! 何を贈ろう? みんなの笑顔が楽しみだ! プレゼント包装完了!不思議な袋に いれたら サンタクロースに託すのさ! Let’s Enjoy! Christmas Eve! リボン
こよい 冬の奇跡よ… 街中が おしゃれしてワクワクを 詰めこんでいるの赤いリボン ほどく顔 そっと想像したら なんだか Happiness 誰もが誰かの 宝物なんだ不思議と素直になれる予感 Sha La La La,Merry Christmas for you!大切な人を想うキモチがこの街に ふりそそぐ輝くよ 星の見えない夜でも真っ白な あたたかい魔法 キャンドルに 灯(ひ)をつけて苺のケーキわけあうみたいに愛しさも
鎖で繋がれていた 一人ぼっちの僕達今宵もあなた懐う 永遠に光る ふたつ星 “元気ですか?”“笑ってますか?”四角い空眺めふわりよぎる おどけた顔 甘い香り僕の宝物 編み続けた願いが届きますように生きる意味をくれた希望よ巡り廻る季節に 負けないようにいつでも この名前を 呼んで欲しいcall my name 小さなビー玉揺れる白い鳥が飛び立つ朝 心踊る あぁ、私も 幸せ運びたいくるくるまわる 風に舞うステップ花
今すぐ全て捨ててあの花 咲く場所へFall in love いつだってここが戻ってこれる場所 心だけ ここに置いて波の音に身を任せて冷たい指 Guava and Mango飲み干したら そう 溶けてく 落ちてくあの波のように明日の私へ いつでも行けるわ 日が暮れてく すべて飲み込んであの美しい彼方へ星が輝く頃には少し強い私になってる ねえ心はプルメリアのもとにこのままずっといさせてこの花びらに 心のせて波に置いてゆ