Revelation – 芹澤優

空を吸い込んだ
真っ黒な体の隅々を
瞬間駆け抜ける
もう好きにしていいかな?
僕は世界の何にも関係ない
なにもかも全部 関係ないんだ

走り出したい衝動と 動かない体
今日もまた勝った負けたって
(追いつけ追い越せのレース)
自分の弱さが作り出す感情が僕を
苦しめる こんなこと 繰り返し うんざりなんだ

マンションの玄関 ひとりきりの夜
この涙や叫びは誰もしらない
聞こえてたって 聞こえないふり
そんな街に安心してる

空を吸い込んだ
真っ黒な体の隅々を
瞬間駆け抜ける
もう好きにしていいかな?
僕は世界の何にも関係ない
なにもかも全部 関係ないんだ

傷つかぬ為に築いた高い壁の中
見上げた空は眩しくて
(無限に拡がるSPACE)
変わりたいと願う心 こんなもんじゃないと
そう僕は きっとまだ 歩けるよ だからもう一度

神さまだけ 見ててくれたら
この涙や叫びも 意味を持つかな
だけど怖くて それが悔しくて
震えるこの手 握りしめる

吐いたメロディーが 感情が
今見つめる君を
瞬間駆け抜ける
そう 何か生まれたなら
僕は世界の何も関係ない
でもちゃんと君と繋がってるんだ

君が好きな僕だから 愛していける 走り出せる
何度でも ここに立つよ

空を吸い込んだ
真っ黒な体の隅々を
瞬間駆け抜けた
もうひとりじゃないんだよ
僕は世界の何にも関係ない
なにもかも全部 君となら 掴んでいける
誰も知らない 始まりの朝を迎えに行こうよ