己(おの)がための涙は流さないけれど人のための涙は流れるわ痛み知るほど 強くなりたくておとにきく 闇夜の あやかしゆめゆめ 生かしておかぬよ ろくでなし心して 進むは けもの道この身も命も すり減らし明日へ生まれてくる場所とか選べないけれど辿り着ける場所なら選べるわ「正しい」よりも 「清らか」でいたい飾られた この世は まやかし誠を 隠してしまうよ いとわろし心して 見すれば 憂いなし光りを探して
今 痛みは 声 探して…雨の後に夢を見たわ過去と違う結末(みらい)風きららと 袖ゆららと 駆ける修羅場 希望へ運命(さだめ)さらば 疼くままに 乱射らら 戸惑いさえ悲しみの 終わる場所 何処にもなくてもこのナミダ 取り戻す 明日はあるから「逃げない」雲 晴れたら 視線(め)は 触れ合う…何を倒し猛るよりも何を護り抜くか木はさららと 火はくららと 土も水(かわ)も 金色陰陽向(かげひなた)に 胸の中