蕾に雷 – 花譜

木だけのものじゃないから避雷針は

肺をくらやみに馴染ませ
思い出すの 舞台
プレートリバーブ の空が胸骨を
満たす僕は
減る, 減ろう
髪から なまえが憑いたときから
爪ゆく 雷のほうに見惚れて
僕は恋をしている

筈で

血の中には何もなくていい
筈で
電より早いものがある
筈で
僕が恣に呪って確かめる
筈で

(雷蕾雷蕾雷蕾雷蕾)

誰かいるのは分かってた
筈 なら
向うを照らしてほしい


こどものころに観たホラー映画の
電気が未だ

(雷蕾雷蕾雷蕾雷蕾)

(木だけのものじゃないからわたしたちは)

(龍の稜線から はみ出し
踊り出した額)
(病みばなの歯たちが齧る草木を)
(ひらく 僕が)

雷蕾雷蕾雷蕾雷蕾
蕾雷蕾雷蕾雷蕾雷
雷蕾雷蕾雷蕾雷蕾
蕾雷蕾雷蕾雷蕾雷
雷蕾雷蕾雷蕾雷蕾
蕾雷蕾雷蕾雷蕾雷
雷蕾雷蕾雷蕾雷蕾
蕾雷蕾雷蕾雷蕾雷

光と
細い肌のびりがずれてきて
雷を枯らすときまで
僕は恋をしている

筈で

髪は少しも動かせない
筈で
爪達は少しも騒ぎ出さない
筈で
僕は薄い暗闇しか分からない

筈で

コメントを残す