ボクにはどんな引き出しがある?キミの気を引くためイヒヒ…エヘヘ…とりあえず変な顔しとけキミにはどんな思惑がある?ボクを惑わすためウフフ…アハハン…ジラさずに早く教えてよう~ん… 悩みは深いココロ ブギウギ♪ ってな手放しでウキウキする 恋話でneed you… need you… 24時間たまにウジウジする 妄想してウケウリでもいい…癒してwant you… want you… …なんつって二人は
ギターなんて買っちゃってさ バンドなんて組んじゃってさライブなんかしてみたいな キミがとなりブゥンブゥン頷いていたあまり人が集まらず 恥ずかしい思いさせたかな?でも最初に歌いたかった 超個人的なラブソング未来へ 未来ヘ二人で やりたい事 全部 書き出してみたら幸せって なんて遠いんだろう?そこまで引き続き キミを愛する卵の殻を割ったのが… いや!果物の皮剥きかな?いつか誰かに作りたいな コンロの火
止まらぬブランコを ただ眺めてる理由は大小あれども 今、口に出してしまえばもっとキミのそばに居たいよもっとキミのそばに居たいよ立ち上がってしまえば もう自由だろ?何かと代償あれども 自由さ そう わかっているけどもっとキミのそばに居たいよもっとキミのそばに居たいよ恋の終わらせ方を教えて二人共 気づいているけど「サヨナラ」と言って ねえ、早くそちらから さぁさぁさぁ どうぞ どうぞもっとキミのそばに
置き忘れていた自転車を どっちが取りに行くか?なんて押し付け合って めんどくさがって はぐらかしあってまるで漠然とした 二人の未来みたいボクの頼りのない背中を キミの屈託のない十六文キックで蹴り出して幾つものギアが噛み合って 少しずつ前に進む互い在りきで生きてる構造を 理解したなら 進め 進め 進め乱雑に並ぶ自転車の中から 一台だけを取り出すために 強引過ぎたり 誰かを巻き込んだり多少は傷つけても
自意識過剰の私には もう恋なんて必要ないと判断します。日常何も手に付かないのは えと… 誰かのせいでもないってそう…、そう…背中を押した キミはどうせ気まぐれくらいの つもりだったんでしょ?でもね 揺れ始めた止まらぬブランコ 飛び降りる勇気もなく遠ざかったようで また近づいてくるキミをまだ 好きでイイの? まだ愛してもイイの?冷たい鎖を 握りしめたまま(Swinging Love, Swinging
間違えのない毎日を過ごしたいと理想に描いてたんだノーミスなテスト ノーミスな仕事 ノーミスな恋愛その為に爪先立ちで背伸びしてさ フラフラしちゃってさ滑稽なプリマドンナ 解放のカウントダウン しちゃうからねアンドゥトロワLets Dance!自由に踊れ キミは美しいバレリーナ狂うように踊れ キミは美しい 真夏のバレリーナどんな愛し方が正解なんてわからないからこんなキスはどうだい? ねえ感じているか
自分らしさをズルくしてしまうほど キミが好きです「また始まったか」って友達は言うけど全っ然違うよ! ほら…お花が咲いたよ ポッカポカの頭の中に“これまで”の全部 上書きをして“これから”をインストールしたそうです これこそが “初恋”って事にしてしまおう素直さなんて何がそうであるか? 分からないんです過去の汚点とか 気に病む事もないよね全く別モノだし乙女ゴコロだね 何もかもが気まずく思えて桜吹雪の
スヤスヤと眠るのは キミの自由です僕だって寝顔を 見れるのは嬉しいしでもこの鎖骨が邪魔だ左の鎖骨が邪魔だウトウトとしちゃうのは 仕方ない事です退屈な映画を 薦めたせいだよねでもこの最後のシーンが ホント最高なのに「愛してなんて 全然ナイんだ」なんて いっそのこと蹴り上げたらキミはどんな表情して驚くだろう?たまには強気で責めてみても ニッチもサッチもいかないまま「鎖骨くらいヘシ折ってみせなさい」とで
居るか?居ないか?もわからない現れては消えるアナタ存在は透明人間です少し触れては消える優しく微笑む亡霊愛情も透けて見えるのさ不透明なのは 私のこのココロだけそもそもアナタの本性は何なの?ハッキリしてよ気持ちも全然掴めずに寂しさあまりに泣き叫ぶ時には身を潜めるのねあまりに残酷な仕打ちよ傍に居ないのに ガンジガラメにされているの愛されて愛されて 生きていられるのですそんなアナタの気まぐれでこの身抱かれ
バナナ バナナ なんて優しいんだろう?バナナ バナナ なんて甘いんだろう?これこそ 曲がったボクらの 究極のメシア手に入りづらいモノが手に入ったらずっと大切にするものだろうか?わずかでもボクが変色していたらココロにもない事言うんじゃないだろうか?21世紀初頭にしてピンチ!手を伸ばせばバナナ バナナ なんて優しいんだろう?バナナ バナナ なんて甘いんだろう?これこそ 曲がったボクらの 究極のメシア今
見知らぬ街の通り雨 あの日の君は濡れたヒールを 気にしてた幼さかくした横顔 いつか交わした言葉を 今も 思い出せるはじめからシネマ 感じさせて君が囁く 静かなラストシーン抱えた裸のつま先 今日は小さく揺らして ぼんやり 見てたけど少しだけ悲しい女を演じたいなら幕合に いかが?僕のlove song for youはじめからシネマ 感じさせて君が囁く 静かなラストシーン黄昏待つだけの午後の浜辺で二人
変えられない運命なら ずっとここで頬よせてやがて来る審判に 膝を抱え身をゆだねる愚かな人々が争ってあの糸を目指す ブザマニ選ばれない二人なら せめてそっと手をつなぎやがて来る壊滅に 瞳閉じて身をゆだねる君と僕の距離がこんな時 初めて近づく気がしてる改めて解ったこんな時隣にいるのは彼女じゃなかった崩れかけた廃虚の中 つないだ手は放さず蜘蛛の意図に貪りつく 人の群れを横目に記念すべき最後の日を 二人き