走るとゆれるスカートあっ!はっ?はーん?!歩いてゆれちゃダメなの?いやっほー!跳んじゃったらどうだろゆれる?どこが?どんな時だろ?よし、やるよ!(よしやるよ ほら周り 誰もいないはずだよ)ほら周りは誰も見てないからよし、いくよ!高く大きく選手だ私確かめたくなるでしょあれやこれや毎日気になるのもフツーの印 健全なことしたいことがしたい時には楽しく それが大切です ですね!健全に生きてるもん たぶんね
目覚ましより早起き 単純だけどご機嫌になるよねスカイブルー小さなミスひとつくらい重ねた絵の具たちで華麗にスルー そんなもんBlack&White 君が見る明日はRed&Green 何色で描こう踏み出すしかないんじゃないその一歩先は君色に染めて向かい風は味方に前髪全開でも構わないよ全部私だもん運も才能だね レモンアイスキャンディ隙間から見えたよ「もう一本」真新しいキャンパスにとりあえず白を足す何か透
ミントの香りがするガムの味いつまでも消えないで消えないでと願ってた本当は少しだけ苦手だなんて言えなくて口の中放り込んで苦笑い大事に噛み締めながら思い出すきみの手指先が触れたあとすぐ離れた小さな銀色の包み紙はポケットにただヒトツきみがくれた宝物届かなくても満たされてた ココにいるだけでもう見落としそうなエピソードがらくたみたいでもちゃんと光ってた丁寧に皺を伸ばして机の奥大事にしまってたずっと忘れるわ
初めて会ったとき 独特な声ちょっと苦手な予感で誤解していたよ あの日流した君の涙みるまでは放課後ひとりの教室 ボール抱えて震えている背中 知っているから君はいつでもNO.1 声出して好きだ(スキだ) 好きだ(スキだ) 叫んでいたいいつでもオンリー1 走り出そう好きだ(スキだ) 好きだ(スキだ) 恋はVICTORY思い切り蹴りだせ スライディングゴール!少し掴めたよ 陽気なフリのごっつい鉄壁のガード
七色に輝く光の海無数に絡みあう声の風が扉を開くように私を呼ぶ戸惑う心のままステージへ歩き出した今はまだ見えない運命予感だけここで息づきはじめてる叶えたいその光を忘れないで 迷うときは君を導く強く願う想いたちを夢と呼ぶなら信じていくよぎゅっと手を握るの私が描くはずの物語のヒロインになれずに立ち止まったり綺麗な言葉いくつ並べたってわかるよ悔しいんだね、思い切り泣けばいい真夜中ステップ踏み込む裸足に刻ん
例えばもしもキミと 出会えてなかったとしても僕はこの世界の中 誠実に生きてこれたけれどふくらみだす蕾や 見上げる空の青さが泣ける今日は キミとだからなんだ今この目に映る全てが ありのまま綺麗な色だってちゃんとわかる僕たちでいよう ずっと雨上がり虹の向こうに たくさんの笑顔連れて一緒に見たい未来 叶えられるさ傘にかくれてた昨日も 抱きしめてあげられる強さ手に入れて踏み出す あたらしい夢の続きわがまま