世界で一番じゃない貴方を愛したら – 羽生まゐご

咲いた咲いた雪の華
また誰かに摘まれて泣いていた
どうやって守ればいい
夏の虫に喰われたお約束

散々あいつを待って気づいた
重ね合う雪が真昼のようで

世界で一番じゃない誰かを愛したら
離れていく 忘れていく
決して知ることなく

あぁ言ってこう言って世話を焼く
また悪い癖が出た世迷言
この前だっていつだって変わらずに
しわの数だけ宵を無駄にした

散々恋路に立って気づいた
重ね合う指が虚ろに見えた

世界で一番じゃない誰かを愛したら
穢れていく 惹かれていく
僕を知る貴方へ

私を奪って 言葉を喰らって
飾りを担って愛してくれてありがとさんね
形になりたいものさ
貴方と 貴方と 貴方と

世界で一番じゃない誰かの隣でも
何処かに居た此処に居ない影を今も見てた

世界で一番じゃない貴方を愛したら
忘れていく 重ねていく
あの日見た貴方を
此処に居る貴方を

春が来る朝まで