月の沙漠 – 美輪明宏

月の沙漠を はるばると
旅のらくだが 行きました
金と銀との 鞍(くら)置(お)いて
二つならんで 行きました

金の鞍には 銀のかめ
銀の鞍には 金のかめ
二つのかめは それぞれに
紐で結(むす)んで ありました

先の鞍には 王子さま
後(あと)の鞍には お姫さま
乗った二人は おそろいの
白い上着を 着てました

広い砂漠を ひとすじに
二人はどこへ 行くのでしょ
朧(おぼろ)にけぶる 月の夜を
対(つい)のらくだは とぼとぼと

砂丘を越えて 行きました
だまって越えて 行きました