アリューシャン小唄 – 美空ひばり

逢わぬ先から お別れが
待っていました 北の町
行かなきゃならない アリューシャン
行かせたくない 人なのに

いつの頃から にしん場に
咲いた私は 夜の花
銀の鱗で 化粧して
海の男に お酌する

可愛あなたの 髭面を
今度見るのは いつのこと
門出に涙は 不吉だと
知っていながら 泣けるのよ

女乗せない 船だけど
一度行きたや アリューシャン
死んだ親父の 好きな花
雪のお墓に 供えたい