まっかに燃えた 太陽だから真夏の海は 恋の季節なの渚をはしる ふたりの髪にせつなくなびく 甘い潮風よはげしい愛に 灼けた素肌は燃えるこころ 恋のときめき忘れず残すためまっかに燃えた 太陽だから真夏の海は 恋の季節なのいつかは沈む 太陽だから涙にぬれた 恋の季節なの渚に消えた ふたりの恋に砕ける波が 白く目にしみるくちづけかわし 永遠を誓った愛の孤独 海にながしてはげしく身をまかすいつかは沈む 太陽