ちょっと淋しくなったから今夜は飲んでたのよマティーニの夢に甘えたくて Ohh…まさかあなたに逢うなんてぼんやり昔のことを思い出していたところなの運命かしらどうしてたの 幸せなの今でもひとりいるのイヤね私 勝手にはしゃぎすぎてごめんね手をはなれた恋しさはいつか 思い出になるまぶしさだけ抱きしめたままあの頃と同じように微笑いあうふたりなら嬉しいグラスのなか揺れているあなたのその横顔眉よせる癖も変わらな
時計の音だけ 聴こえてきて眠れなくて 探している 君のまぼろしこんなに心を うばった君をにくむことできるなら 涙もないのにどんなに想いを寄せても どんなに強く抱きしめてもかなえてはいけない夢なら せつなすぎるよもう君を忘れたい もう君を忘れたい逢う度君は ふざけた後で見つめ合うと 困ったように言葉なくしたねどうにもならないと 告げた悲しいその瞳 今は誰 うつしているだろうもしも出来るなら 今すぐ遠
さよならに届きそうなそのくちびるを逸らそうとおどけるたびに切なくなる今でもあいつを 君の瞳が追いかける気付いているけど 心 止められないだから 何も言わないでそばにいられるだけでもいい愛されていなくても目の前のすべてを失くしたくないこのままで いつまでもつなげられない なのにまだ糸口さえも見つからない「叶わないのなら あきらめろよ」と言いかけるまるでこの胸に聞かせてるみたいさだから 何も言わないよ
はじめて逢ったあのときの服風とおんなじBLUE黄昏を待つ後ろ姿がさみしさに揺れてるふたりでいるのにひとりになるね愛されたい気持ちだけが傷ついてゆくどんなに抱いても抱いても抱きしめても君を迷わせるどんなに抱いても抱いても抱きしめても愛が震えてる知らないひとに抱かれるように君は瞳を閉じるいまここにある幸せだけじゃ幸せといえない言い訳みたいな優しさだけじゃもうふたりの時の流れ止められないよどんなに抱いて
たのむからそんな瞳(め)でこの僕を見ないでおくれ抱きしめちゃいけないとこの胸が引きとめているあの日僕に告げたさよならから君は別の物語を生きていこうと決めたはずだよつのるほど愛せない本当は今もまだ君への想いは変わらないけどもう僕じゃかわれないもう君は君だけのものじゃない満ち足りた毎日に溜め息をかさねた君がいつしか焦がれたのは恋という遠いときめき人は誰もいつもないものねだりだねけれどその幸せ失くしたな
夜の窓 映る影 道に迷った顔してる動けない 話せない 静かな部屋で満ちてゆく月灯り サヨナラの気配に似てる胸の中 音もなく 忍び込んでた「もしも…」なんて例えも空しいだけ時間(とき)を止めてよもう少しきみといたい きみを強く抱いてぼくの未来を 短くしてもいいから今夜は このまま海の底 いるみたい 二人の呼吸だけ響くやわらかな きみの髪 何度もといた「会えてよかった」と言(ゆ)う濡れた声離したくない
泣いた君の瞳で 月が濡れるこんな場面で 別れるのか早くいいひとと 出逢うといいなんてつまらない嘘だろもう抱きしめた腕をすぐふりほどいて消えてほしいよそう そうでもしなくちゃ好きだったすべてを こわしきれない誰かと幸せを見つける君をきっと許せやしない想い出だけなら 忘れてくれいまここにいる ふたりがいい傷ついた気持ち ずっと残したまま終わらないさよならもうひきとめる声に耳をふさいでも駈けていきなよそ
夕暮れの公園で これが最後のデートだねオレンジ色の陽だまりで 遊ぶ子供たちを見ている今日までのいつもよりも 今がいちばん素敵だねそんなやさしい横顔を 失うのはつらすぎるけれどねえ ほんの少し手を つないでいてもいい?言い出せないのは手をはなす時がこわいからよ同じ景色を見つめる日は もうこないのねいつまでも こうしていたいけど ふたりはもうすぐ別の景色を見るために 離れてゆくお互いの見る夢は 初めか
さようなら また会えるねまた いつか 会って くれるねそんなに 悲しい 顔 するなよ僕だって 悲しく なるじゃないかさようなら また 会おうねまた どこかで きっと 会えるね僕だって 君を 好きなんだし君だって 僕を 好きなはずさつたない 僕の唄だけれど精一杯 唄って あげられるから今この時を さようならと呼ばないで おくれ Uh...君といて とても楽しかったよしあわせな 気分に なれたよ唄う事