そう素敵なその夢見つめましょうそれがあなたのそう素敵なその夢叶えましょうあたしの夢でもあるから迷い道 苦しんでここから消えてしまいたい途方に暮れる 夕日の光私を 照らす影こんなにも 切なくてこれも誰のせいでもない一人ぼっちに置き去りになった宝ものを瞳(み)つめ 涙あぁ‥星の数ほど 砂の数ほどある中で あなたと出逢えた意味 知るわそう素敵なその夢見つめましょうそれがあなたのそう素敵なその夢叶えましょ
別にいいの あっちへ行って私は私よ 嫌ならいいのよにらんでる目が 愛おしくなる赤いグラス手に 涙あふれるガラスの向こうに 熱い 眼ざしそんなに見ないで めちゃめちゃになりそういくじなし!大嫌い!涙が出るほど 切なくてあなたの笑顔が あたしを楽にそれでも あなたは 幸せなのかしらひとりにして お願いだから可愛くないのよ 素直になれない最終電車 ホームに映る空いたグラス手に 唇にふれる想いの深さに 締