sankaku – 美咲ミサ

まんまるくなって 吸い込まれてくの
感覚はまるで 魔法のランプね

満腹になった さんかくの巾着袋は
さっぱり隠して 紐でねしゅっとね封じ込める

またまた避けられたやだやだ
まだまだ長いからむしゃくしゃしてきた

(辺と辺と辺から逃げ出した点と点と点)
着地して地面に擦れるなら
(ヘンとヘンとヘンと思われたままテンテンテン)
私はわたし隅の席にいて

クリアネイル映る瞳(め)の奥
ビルが逆立ちした中で
座るキミの見る景色は写せない 知らない
瞬きひとつが変えるライトを浴びて踊るの
最後のひとりになるまで

着地して地面に擦れるより
私は此処にいる