何か云おうと 思っても女房にゃ 何だか 云えませんそこでついつい嘘をゆう「なんです あなた」「いや別に 僕はそのあの」パピプペ パピプペ パピプペポうちの女房にゃ髭がある朝の出がけの あいさつも格子を開けての 只今も何だか ビクビク 気がひける「なんです あなた」「いや別に 僕はそのあの」パピプペ パピプペ パピプペポうちの女房にゃ髭がある姿やさしく 美しくどこが こわいか わからないこゝか あそ