あのころ見た光 – 緑黄色社会

憧れていた自分になれたかな
時の流れに心が追いつかなくて

不安なはずの未来がさ 確かに光っていたんだ
「進むしかない」と、僕らは震えていた

twenty-one
もがいてきた 果てのない迷路
目指せ、目を伏せ、怖いの飛んでゆけ
予測はできない明日に手を伸ばして
僕ら今を生きてる

苦い言葉でもあの日を通り越してさ
時が経てばやっと意味が分かるんだ

嫌いなものでも ある日好きに変わる
そんな不思議が起こるから背伸びはやめた

引き返そうとしたってさ 風がぐっと強く吹いてきた
「進むしかない」と、僕らは向き直った

twenty-one
描いてきた 夢のないプロット
壊せ、転がせ、未来へ飛んでゆけ
じっとして今まで塞いで
灰になった想いを文字を繋げて

今見えてるあの光が
誰かが放ったものなら
ねぇ 僕らが飛び込むその時
誰かの光になれるかな

照らし出すよ 君を

twenty-one
今まで見逃していたヒント
本当はそこらに散らばっている
やっと今見つけた答えを身にまとって
僕ら明日を生きてく