愛という言葉 – 紗希

少し風は冷たいけど
木の葉は暖かく照らされてる

眠気を誘われる午後に
心への小さな来客者

愛とは何か?なんて
この歳じゃまだわからないけど
愛する感情を知り始めたよ

こんな時には、こんな歌が似合う
自分の今想う気持ちを口ずさめ
愛してるなんて大人の言葉は使えないよ
でも 今の気持ちをゆっくり整理してみたら
この感情が愛なんだってわかるかも

窓の外の空を見たら
雲がハートの形に見えたよ

息を大きく吸い込めば
心が大きくなった気がするね

愛とは何か?なんて
この歳じゃわかるわけないけど
いつの日かわかる時が来るのかな

こんな時には、こんな歌が似合う
自分の今想う気持ちを口ずさめ
まだ未熟な子供である自分がここにいる
でも 今 心から大好きだと思える人と
一緒に歩いて大人になってゆきたい

窓から見える木の枝も葉も
毎日毎日伸びているよ
これからも伸びていくよね

こんな時には、こんな歌が似合う
自分の今想う気持ちを口ずさめ
愛してるという素敵に響く言葉が
未来にいる自分をきっと
今の何倍も大きく
優しくさせてくれるのかも知れない