浪花めおと駒 – 米倉ますみ

わての生きかた 八方破れ
文句あるなら 云うてみい
坂田三吉 将棋と酒に
うつつぬかして ジャンジャン横丁
降るは小春の 涙雨 涙雨

九に九刻んだ 八十一の
枡目思案の 針の山
地獄 極楽 紙一重
勝負 勝負の 明けくれを
手鍋一つの 棟割長屋
肩を寄せ合う 夫婦駒

将棋さしには 理屈はいらぬ
勝つか負けるか それだけや
晴れて天下に 王手をかける
夢は浪花の 通天閣に
男命の 灯が燃える 灯が燃える