リョウメンシダ – 竹原ピストル

細く吸っては細く吐く。
木々と呼吸を口移し。
落ち葉の布団で夢を見る
虫たちは卵かサナギの季節。

皺ひとつない昼下がりの空。
ふと思い浮かぶ顔もある 散歩道。

全てに捧げるひとつの祈り。
ひとつに捧げる全ての祈り。
全てに繋げる一つの生命。
ひとつに繋げる全ての生命。
足元に揺れるシダの葉 姿 形。
そんな面はゆい物思い。

とめとない行き交いは
まるで街の血液のよう。
遥かまでを見渡す高台。
ベンチで呆けて私はまるで街の 何だろう?
そろそろ眠たげな陽の光。
風邪をひく前にまた歩き出そう 散歩道。

全てに捧げるひとつの意志。
ひとつに捧げる全ての意志。
全てに繋げるひとつの道。
ひとつに繋げる全ての道。
足元に揺れるシダの葉 姿 形。
おもても裏もない物思い

全てに捧げるひとつの祈り
ひとつに捧げる全ての祈り
全てに繋げる一つの生命
ひとつに繋げる全ての生命
足元に揺れるシダの葉 姿 形。
そんな面映い物思い 表も裏もない物思い