ハッピーエンド – 竹原ピストル

春をまだ遥か遥かに
粉雪に霞んだ一本道
カミソリ色の歩道に揺れる
背中を丸めた淡い影

夜がテキトーにスッ転がした
木っ端みたいな雑居ビル
図鑑に載っていない歌達が
刹那に瞬く地下の店

あれからずっと手を伸ばし続けてきた
あれからずっとつかみ損ね続けてきた

たかが足跡 されど足跡
曲がりなりにも一本道
もう諦めることはないだろう
もう諦め飽きてしまったんだ

仄かに色づいた桜の蕾を
つついて遊ぶ天気雨
ため息のようにあくびのように
性懲りもなくまた歩き出す

これからもずっと手を伸ばし続けるんだろう
これからもずっとつかみ損ね続けるんだろう
このままいっそ終われないまま
このままいっそ終われないまま 終わってやるさ