約束 – 竹内まりや

ほんの少し 飲んだワイン
何故か私を大胆にさせるわ
耳にあてた 受話器からは
あなたを呼び続けてるベルの音 ごめんね こんな時間に起こして
優しいその声聞きたかった
別れても友達でしょう?
あなたの隣で 眠る彼女が
目を覚まさないうちに 切るから……

よりを戻す気もないのに
あなたを惑わす 私を許して
過ぎた日々を振り返れば
楽しかったことだけ 想い出すの
今の彼を愛しているのに
時々哀しくなるのはどうしてかしら
皮肉なものね
二度と会わないと 決めたあなたが
気にかかるのよ こんな夜更けは

いつか何処かで すれ違っても
知らないふりして通り過ぎる
約束を交わしたとたん
涙がひと粒 ぽつんと落ちて
アドレス帳の名前 消したの