君のために – 竹内まりや

蒼き海に向い 君のために誓う
とおいとおい日まで 変らぬ心
はるか沖をすべる 汐風に追われた
大きな帆の船に 君をのせよう
渚に手をつなぐ ふたりの胸に
ただひとすじ 燃えるような
恋の歓び
白き耳に透ける やさしい陽の光り
君のために僕は 暮らして来たのさ

「夢みたいだなァ 君みたいなすてきな人に
逢えるなんて いつまでも僕の側にいてくれよ ネ」

渚に手をつなぐ ふたりの胸に
ただひとすじ 燃えるような
恋の歓び
灼けた頬にうかぶ いとしい微笑みよ
君のために僕は 歌って行くのさ