四季の瀧 – 童謡・唱歌

みなぎり落つる瀧つ瀬を
おほひて咲ける山桜
散るは水泡(みなわ)か はた花か
わかちかねたる春の朝

ひるは白妙さらせりと
ながめしものをいぶかしや
月影清き夏の夜は
黄金のあやも見ゆるなり

白玉とばし みなぎりて
落ちくる水の ひびきさへ
かすかになりぬ 昨日今日
氷柱や結び そめぬらん