小さい子 小さい子お前はなにをして居ます私(わたし)は梅をかいでます梅をかいで夫(それ)から夫(それ)から歌をうたひます何の歌をうたひます黄色い青い着物着てけきょけきょ~~ほうほけきょ
なごりをおしむ ことの葉もいまはのべえで たゞつらしあすはうつゝ けふはゆめけふはゆめのこるおもひを いかにせむあゝ いかにせむ
みなぎり落つる瀧つ瀬をおほひて咲ける山桜散るは水泡(みなわ)か はた花かわかちかねたる春の朝 ひるは白妙さらせりとながめしものをいぶかしや月影清き夏の夜は黄金のあやも見ゆるなり 白玉とばし みなぎりて落ちくる水の ひびきさへかすかになりぬ 昨日今日氷柱や結び そめぬらん
ひるまのあつさの なごり見せてほのほぞもえたつ ゆふべの雲にくれなゐそめなす 入日(いるひ)のかげ波間に落つるや 沖もくれぬやけたるまさご路 いつかひえてしほかぜ涼しく 渡る磯を ものすそかゝげて ひとり行けばよせ来るしらなみ 足をおそふすゞみに来(こ)しかひ ありそ海の波にも戯れ 月にうたひ更け行く夜さへ わすれはてゝ遊ぶもたのしや 夏のうみべ
ひかりはいつも かはらぬものをことさらあきの 月のかげはなどか人に ものを思はするなどかひとに ものを思はするあゝなくむしも おなじこゝろかあゝなく虫も おなじこゝろかこゑのかなしき
月のあかりに 黒いがん一所(いっしょ)にならんで 五つ六つ親がさきへゆき 子はあとに何処から来たのか つれだって
お庭の垣根の 菊の花色は何色 數へて見れば赤も黄色も また白も皆美くしく 咲きそろうた
戦へば勝ち攻むれば取る僅かに数年天下一統布衣(ほい)より起りて四海を治む御門の震襟初めて安し国家の隆盛是より興る類(たぐひ)なき智恵 比類なき武勇嗚呼人なるか 嗚呼神なるか嗚呼太閤 豊太閤 万里を隔つる外国(とつくに)なるも傲慢無礼の振舞あらば討ちて懲して降参せしむ何より重きは国家の名誉振ひに振ひし日本の国威輝き揚りし 皇国の国旗嗚呼人なるか 嗚呼神なるか嗚呼太閤 豊太閤 太閤出づれば日本は狭し世界に
一夜(ひとよ)のほどに 野も山も宮も藁屋(わらや)も おしなべて白銀(しろがね)もてこそ 包まれにけれ白珠(しらたま)もてこそ 飾られにけれまばゆき光や 麗(うる)しき景色やあはれ神の仕業(しわざ)ぞ神の仕業ぞ あやしき
ひばりはうたひ蝶々(てふてふ)はおどる春の野山に遊ぶはうれしこゝにはよめなそこにはつくしたんぽゝすみれれんげばな花をばとりて草をばつみてうちのかあさんへおみやにしませう
鳩ぽっぽ 鳩ぽっぽぽっぽ~と 飛んで來いお寺の屋根から 下りて來い豆をやるから みなたべよたべてもすぐに かへらずにぽっぽ~と 鳴いて遊べ
ひかりはいつも かはらぬものをことさらあきの 月のかげはなどか人に ものを思はするなどかひとに ものを思はする あゝなくむしも おなじこゝろかあゝなく虫も おなじこゝろかこゑのかなしき
今日(けふ)のけいこも すみましたみなつれだって 帰(かへ)りましょうあしたもまた~ こゝに来てけいこやあそびを いたしましょう先生御機嫌よう さようなら
このみち どんどん はしってどんどんどこまで どんどん まっすぐどんどんどんなところへ ゆけるかな (いってみようかー)ガチャピン うまれた (ウフフ) みなみのくにや (いいぞー)ムックが うまれた ほっきょくだってみえてくるかな (みえるかなー) ゆけるかな どんな どんな どんな どんなどんな どんな どんな どんなどんな ところへ ゆけるかな(ほんと どこにいくんでしょう ウフフ) このみち どんどん は
荒磯の巌にくだけし月影を一つになしてかへる波かな
あれまつむしが ないているチンチロチンチロ チンチロリンあれすずむしも なきだしてリンリンリンリン リインリンあきのよながを なきとおすああおもしろい むしのこえ キリキリキリキリ こおろぎやガチャガチャガチャガチャ くつわむしあとからうまおい おいついてチョンチョンチョンチョン スイッチョンあきのよながを なきとおすああおもしろい むしのこえ
この道はいつか来た道ああ そうだよあかしやの花が咲いてる あの丘(おか)はいつか見た丘ああ そうだよほら 白い時計台(とけいだい)だよ この道はいつか来た道ああ そうだよお母(かあ)さまと馬車で行ったよ あの雲もいつか見た雲ああ そうだよ山査子(さんざし)の枝も垂(た)れてる
春よ来い 早く来いあるきはじめた みいちゃんが赤い鼻緒(はなお)の じょじょはいておんもへ出たいと 待っている 春よ来い 早く来いおうちの前の 桃の木の蕾(つぼみ)もみんな ふくらんではよ咲きたいと 待っている
たとえば君が傷ついてくじけそうになった時は必ず僕がそばにいてささえてあげるよ そのかたを 世界中の希望のせてこの地球はまわってる 今 未来の扉をあける時悲しみや 苦しみがいつの日か喜びに変わるだろうI believe in future信じてる もしも誰かが君のそばで泣き出しそうになった時はだまってうでをとりながら一緒に歩いてくれるよね 世界中の優しさでこの地球をつつみたい 今 素直な気持ちになれるなら憧れや 愛しさが大空
雪のふる夜は たのしいペチカペチカ燃えろよ お話しましょむかしむかしよ燃えろよ ペチカ 雪のふる夜は たのしいペチカペチカ燃えろよ おもては寒い栗や栗やと呼びます ペチカ 雪のふる夜は たのしいペチカペチカ燃えろよ じき春来ますいまに楊も萌えましょ ペチカ 雪のふる夜は たのしいペチカペチカ燃えろよ 誰だか来ますお客さまでしょうれしい ペチカ 雪のふる夜は たのしいペチカペチカ燃えろよ お話しましょ火の粉
ポケットのなかにはビスケットがひとつポケットをたたくとビスケットはふたつ もひとつたたくとビスケットはみっつたたいてみるたびビスケットはふえる そんなふしぎなポケットがほしいそんなふしぎなポケットがほしい ポケットのなかにはビスケットがひとつポケットをたたくとビスケットはふたつ もひとつたたくとビスケットはみっつたたいてみるたびビスケットはふえる そんなふしぎなポケットがほしいそんなふしぎなポケットがほしい
ほう ほう ほたる来いあっちのみずは にがいぞこっちのみずは あまいぞほう ほう ほたる来い ほう ほう ほたる来いあっちのみずは にがいぞこっちのみずは あまいぞほう ほう ほたる来い ほう ほう ほたる来い
ささの葉さらさらのきばにゆれるお星さまきらきらきんぎん砂子(すなご) 五しきのたんざくわたしがかいたお星さまきらきら空からみてる
エー・ビー・シー・ディーイー・エフ・ジーエイチ・アイ・ジェイ・ケイエル・エム・エンオー・ピー・キュー・アールエス・ティ・ユー・ヴイ・ダブリューエクス・ワイ・ズィーエー・ビー・シー・ディーイー・エフ・ジーエイチ・アイ・ジェイ・ケイエル・エム・エン エー・ビー・シー・ディーイー・エフ・ジーエイチ・アイ・ジェイ・ケイエル・エム・エンオー・ピー・キュー・アールエス・ティ・ユー・ヴイ・ダブリューエクス・ワイ・
春のうららの 隅田川のぼりくだりの 船人が櫂のしずくも 花と散るながめを何に たとうべき 見ずやあけぼの 露あびてわれにもの言う 桜木を見ずや夕ぐれ手をのべてわれさしまねく 青柳を 錦おりなす 長堤(ちょうてい)に暮るればのぼる おぼろ月げに一刻も 千金のながめを何に たとうべきながめを何に たとうべき
なつもちかづくはちじゅうはちやのにもやまにもわかばがしげるあれにみえるはちゃつみじゃないかあかねだすきにすげのかさ ひよりつづきのきょうこのごろをこころのどかにつみつつうたうつめよつめつめつまねばならぬつまにゃにほんのちゃにならぬ
桃太郎さん桃太郎さんお腰(こし)につけた黍団子(きびだんご)一(ひと)つわたしに下さいな やりましょうやりましょうこれから鬼(おに)の征伐(せいばつ)について行くならやりましょう 行(い)きましょう行きましょうあなたについて何処(どこ)までも家来(けらい)になって行きましょう そりゃ進めそりゃ進め一度に攻めて攻めやぶりつぶしてしまえ鬼ヶ島 おもしろいおもしろい残らず鬼を攻めふせてぶんどりものをエンヤラヤ バ
よい子が住んでる よい町は楽しい 楽しい 歌の町花屋は ちょきちょき ちょっきんなかじ屋は かちかち かっちんな よい子が集まる よいところ楽しい 楽しい 歌の町雀は ちゅんちゅんちゅんちゅくちゅんひ鯉は ぱくぱく ぱっくりこ よい子が元気に あそんでる楽しい 楽しい 歌の町荷馬車(にばしゃ)は かたかた かったりこ自転車 ちりりん ちりりんりん よい子のおうちが 並んでる楽しい 楽しい 歌の町電気は 
海(うみ)は荒海(あらうみ)向(むこ)うは佐渡(さど)よすずめ啼(な)け啼(な)け もう日(ひ)はくれたみんな呼(よ)べ呼(よ)べ お星(ほし)さま出(で)たぞ 暮(く)れりゃ 砂山汐鳴(しおな)りばかりすずめちりぢり また風(かぜ)荒(あ)れるみんなちりぢり もう誰(だれ)も見(み)えぬ かえろ かえろよ茱萸原(ぐみわら)わけてすずめさよなら さよなら あした海よさよなら さよなら あした
赤い帽子白い帽子 仲よしさんいつも通るよ 女の子ランドセルしょって お手々をふっていつも通るよ 仲よしさん 赤い帽子白い帽子 仲よしさんいつも駈(か)けてく 草の道おべんとうさげて お手々をくんでいつも駈けてく 仲よしさん 赤い帽子白い帽子 仲よしさんいつもたのしい 笑い声おひより小みち かげぼうしふんでいつもたのしい 仲よしさん 赤い帽子白い帽子 仲よしさんいつも可愛(かわい)い 歌い声黒い靴はいて 
螢の光 窓の雪ふみよむ月日 重ねつついつしか年も すぎの戸をあけてぞ今朝は 別れゆく とまるも行くも 限りとてかたみに思う ちよろずの心のはしを ひとことにさきくとばかり 歌うなり 筑紫のきわみ 陸の奥海山遠く へだつともその真心は へだてなくひとえにつくせ 国のため
いちねんせいに なったらいちねんせいに なったらともだちひゃくにん できるかなひゃくにんで たべたいなふじさんのうえで おにぎりをぱっくん ぱっくん ぱっくんと いちねんせいに なったらいちねんせいに なったらともだちひゃくにん できるかなひゃくにんで かけたいなにっぽっんじゅうを ひとまわりどっしん どっしん どっしんと いちねんせいに なったらいちねんせいに なったらともだちひゃくにん できるかな
ヤンボヤンボポッポヤンボヤヤンボヤンボポッポヤンボヤフニクリ フニクラ フニクリ フニクラポッポヤンボヤ フニクリ フニクラ 赤い火をふくあの山へ登ろうそこは地獄のかまの中 のぞこう登山電車ができたのでだれでも流れる煙は招くよ みんなを (みんなを Hey!)行こう行こう 火の山へ行こう行こう 火の山へフニクリ フニクラフニクリ フニクラだれも乗るフニクリ
(セリフ)さぁ みんなでおいしいおべんとうをつくっちゃうぞ これくらいの おべんとばこにおにぎり おにぎり ちょっとつめてきざみしょうがに ごましおふってにんじんさん さんしょうさんしいたけさん ごぼうさんあなのあいた れんこんさんすじのとおった ふーき ぞうさんのせなかに ありがおっこちた山だとおもってたびをしたはなのさきまで あるいたがもとのやまにもどってたそれで おひる (セリフ)さぁ こんどはちいさな ち
あおげばとうとし わが師の恩教えの庭にも はやいくとせ思えばいと疾し この年月今こそわかれめ いざさらば たがいにむつみし 日ごろの恩わかるる後にも やよわするな身をたて名をあげ やよはげめよ今こそわかれめ いざさらば 朝夕なれにし まなびの窓ほたるのともしび つむ白雪わするるまぞなき ゆく年月今こそわかれめ いざさらば
あした浜辺を さまよえば昔のことぞ 忍ばるる風の音よ 雲のさまよ寄する波も 貝の色も ゆうべ浜辺を もとおれば昔の人ぞ 忍ばるる寄する波よ 返す波よ月の色も 星のかげも はやちたちまち 波を吹き赤裳のすそぞ ぬれもせじやみし我は すべていえて浜辺の真砂 まなごいまは
卯(う)の花の、匂う垣根に時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ さみだれの、そそぐ山田に早乙女(さおとめ)が、裳裾(もすそ)ぬらして玉苗(たまなえ)植うる、夏は来ぬ 橘(たちばな)の、薫るきばの窓近く、蛍飛びかいおこたり諌(いさ)むる、夏は来ぬ 棟ちる、川べの宿の門遠く、水鶏声して夕月すずしき、夏は来ぬ 五月やみ、螢飛びかい水鶏なき、卯の花咲きて早苗植えわたす、夏は来ぬ
夏が来れば 思い出すはるかな尾瀬(おぜ) とおい空霧のなかに うかびくるやさしい影 野の小路(こみち)水芭蕉(みずばしょう)の花が 咲いている夢見て咲いている水のほとり石楠花(しゃくなげ)色に たそがれるはるかな尾瀬 遠い空 夏が来れば 思い出すはるかな尾瀬 野の旅よ花のなかに そよそよとゆれゆれる 浮き島よ水芭蕉の花が 匂っている夢見て匂っている水のほとりまなこつぶれば なつかしいはるかな尾瀬 遠
だれかさんが だれかさんがだれかさんが みつけたちいさい あき ちいさい あきちいさい あき みつけためかくしおにさん ての なるほうへすました おみみに かすかに しみたよんでる くちぶえ もずの こえちいさい あき ちいさい あきちいさい あき みつけた だれかさんが だれかさんがだれかさんが みつけたちいさい あき ちいさい あきちいさい あき みつけたおへやは きたむき くもりの ガラスうつ
春は名のみの風の寒さや谷の 鴬 歌は思えど時にあらずと声も立てず時にあらずと声も立てず 氷解け去り葦は角ぐむさては時ぞと思うあやにく今日もきのうも雪の空今日もきのうも雪の空 春と聞かねば知らでありしを聞けば急かるる胸の思いをいかにせよとのこの頃かいかにせよとのこの頃か