2021 – 空音

Dear mam, Dear dad 今日は愛を込めて
産声を上げた1月4日 思い馳せて
貴方達が付けた この名前に恥じぬよう
願い空に放つ音で 人を救えているでしょうか
遡る事 2021年8月9日
三枚目のアルバム 千秋楽
MCで言う “俺”が“俺ら”に変わったのは
1人だけで歩む人生じゃないと確信したから

角栄にりんちゃん タソガレにレンガ
一人の人間として酒を交わしてくれる
大の大人が周りには沢山
帰ればチャックとペダル
しんみりは もう沢山 馬鹿話 盛りだくさん
なりたい自分は そっぽをむくもんさ
そんな今に嘆き 明日も賽を投げるんだ
完璧はつまんない 拝啓大傑作様は
気に食わない明日明後日がないと完成しない

欠けた月は 悲しみを乗り越え 満ちた月に
貴方想う夜は 募る話 酒のツマミ
SadなNewsは 時間を選ばないし 神はいない
信じられない程の幸せと共に生きたい

見当違いな毎日に伏線を貼って
皆 それぞれの幸せを回収する
たまらなく俯き 泣いてる様な花も
下向き歩くあの子と ふと目が合う初冬

手離したくない人と初めて出会えた
恋をしてるようで ずっと夢を見てるような
だから友達達には申し訳ないけど
俺の失恋話を聞かせることはもうないかも

だけど毎日のように 喧嘩 喧嘩 喧嘩
それも歌詞にする君の彼氏はエンターテイナー
惚れた腫れた それも君の才だ 俺の負けさ
泣かせてごめんよ ごめんもこれで最後

君が「一人になりたい」と言っていた理由が
「この先も二人でいたい」って事の裏返しなら
たまに不器用を武器に 傷つけあって泣いて
シワの数 数えて 笑う時を迎えに行こう

父親になること 孫の顔見せること
20歳だから早いなんてことは
ひとつもないと思う
しっかりしていると よく言われるけど
俺は俺に正直に生きてる それだけの事

Partyの後に思うは 月並みな言葉
「この瞬間 死ねたならばどれだけ幸せか」
その余韻は きっと俺だけじゃないし
怖くないから
りんちゃん あと一曲 もう少し踊らないか

時代のせいにしないでいこう
人のせいにしないでいこう
ダサくなるも イケてるも 全部俺のせいだろ
上を向いて 歩いていこう
手を取り合い 超えてこう
全員で上がってこう ぶちかましてこう

人の目と戦え 俺を聴く若者よ
俺を聴く君はイケてると友達に言わせよう
人の目と戦え 俺を聴く若者よ
君はいつもカッコイイ まずは俺が証明しよう

Dear mam, Dear dad 今日は愛をこめて
2021年10月23日
書き記した事にすべての責任を持って
全てにありがとう 年の瀬も近づいてる

コメントを残す