どうせ、愛だ feat. クリープハイプ – 空音

ぽっかり空いた 穴を塞いだ
その正体は どうせ、愛だ
でもやっぱり泣いた もう行き止まりだ
君だったのに 君じゃなかった

東京の街に訪れない朝
蛍光灯が月より明るい 3時半
部屋の電気は消して身支度もしたから
眺めのいい角部屋に越した時
右隣に綺麗な女の人が住んでたよ
左の壁に付けてベッド 置いてたけど
恋はやっぱり
キスをしたり
濡れる夜に身体を重ねたり
って恋愛映画の台本の様な
そんな結末は迎えに来やしない
全部どうせ、愛のせいなんでしょ
運命様 ほんと勝手だな
もう黙ってなさい てな訳で結局

ぽっかり空いた 穴を塞いだ
その正体は どうせ、愛だ
でもやっぱり泣いた もう行き止まりだ
君だったのに 君じゃなかった

カギカッコから始まる小説
みたいにありふれてる出会いでも
僕らは違うでしょ
いや、君だけでも違うと思わせてくれよ
この関係は過ちなんかじゃないよ
誰かの当たり前にうんざりしてる
自分自身に恥じないよう生きてるだけ
色褪せない純白の心を僕にください
穢れを知らぬまま ありのままの君を知りたい
罪と罰が君を処すものなら言ってやるよ
「誰が誰に抱く為 愛は生まれ朽ちるの」
“僕ら”が “僕”に変わる事
君の仕草を忘れる事
それがどれだけ怖いと思う

謳い文句は“愛”だって
薄情な歌うたって
枕を濡らしたって
暖かくも何ともないのよ
そんな事分かっていて
最初から分かっていて
君は僕じゃなきゃ
満たされ無いんだって

東京の街に訪れない朝
ラジオのツマミを少し緩めた
流行りの曲は朝を急かすしさ
増えた白髪と夜に白を切る
消えかけの蛍光灯と 5時半
日が昇る頃 月すら残り香
僕らの全ては ありゃしなかった
ほんとにそうか 教えて四畳半
性のせいにして隔てては
他人の顔して街 出かけてた
その手 強く繋げれば タラレバ
人間の服着た空っぽだ
これからの僕らを満たすのは
愛か否かは 今は不確かさ
玄関が開く音がした
カーテンの裏で影と化す朝

ぽっかり空いた 穴を塞いだ
その正体は どうせ、愛だ
でもやっぱり泣いた もう行き止まりだ
君だったのに 君じゃなかった

コメントを残す