Baby, I miss you – 秦基博

Baby 当たり障りのない言葉でごまかしたのが昨日の夜のこと
Baby 当たり前なはずの温もり 目覚めて君がいなくて右往左往

Ah 君が行きそうな所 しらみつぶしに探せ!
とは言えど見当もつかなくて 立ち尽くす

なんて遠いの 君の心が
なんで遠いの? こんなに近くにいたのに
僕の言い訳と君の苛立ちがくすぶる部屋の中
もう愛はないの? すぐに探しに行かなきゃ

Baby 辺り見渡せど残り香すらなく
いつもの街が慌ただしく流れる

Ah キラメく時は過ぎ去り
わがままや甘えにも 慣れてしまったんだろう 今の僕ら

何回も言うよ それでも君だと
何回も言うよ それでも君しかいないと
失いそうになってはじめて気付く
二人の明日は どこにもないの? すでに消えてしまったの?

なんて遠いの 君の心が
なんで遠いの? こんなに近くにいたのに
失いそうになってはじめて気付く
二人の明日は どこにもないの?
ねぇ 君は幻? つかまえたいよ
愛が消えないように