夢の礫 – 秋山黄色

大切なものができたら
奪われたくないから
誰も「子供のまま」を愛さない
それでもね 夢はきっと空に浮かんだまま

ねえ 僕とあなたで二人分
いつか描いた道を歩こう
あなたにはどう映るのかな
最初に信じるのは自分だから

夜より暗いこの心の中で
変わらず星を探しているんだ
それがあなただと信じているから
少しだけ また抱えて
言っていないことがある

なんでうまくいかないんだろう…
伝えたい ガラクタみたいな心ごと

変わらないものはいくつある?
両手で収まるかな
誰も今の自分を愛さない
選ぶんだ 見るか叶えるか自分の手で

きっと心は叫ぶから
補い合って行くんだろう
きっと生まれる前から
もう十分なほど夢を見てた

僕等だけに見えている世界を
不確かでも信じていたいんだ
他の誰かには意味のない事でも
夢の今でも離せない
光の粒がここにある