夕暮れに映して – 秋山黄色

時間を金に変えた
金をお酒に変えた
もうなんもなくて笑えた
面白いけど楽しくないって普通かい?

薄汚い心のせいで
受け取り損ねた物ばっかで
滑稽な日々でいるけれど
許してよ 許してよ

忘れられない 忘れられない 忘れられないもんな
どんなに転んでいた思い出だって 俺なんだぜ

自分でいる事は恥じたくないよ
あなたが去ろうとも
愚かでどうしようもない恋だってあるんだぜ

夕暮れに時間があった 最後にあなたと笑った
最初みたいだった あなたも分かっていた

自分でいる為に捨てた何もかもを
惜しむ愚図な心だけのうのうと有るのは
悪いよな 悪いけど

忘れられない 忘れられない 忘れられないもんな
許せば許すほど 意味が無くなっていってしまう日々
自分で決めた事守る以外に何かがあんのかよ
あなたが好きだと言ってくれた俺の保ち方

「でももう行かなくちゃ」
太陽が落ち暗くなると
「でももう行かなくちゃな」
瞳の光が見えてしまうよ

忘れたくない 忘れたくない 忘れたくないんだよ
どんなに転んでいた思い出だって 俺なんだぜ
幸福な事で日々を満たしても傷が痛むように
あなたがくれた幸せは傷なんかでは消えないから