母ちゃんの浜唄 – 福田こうへい

夜がしらじら 明ける頃
姉(あね)さんかぶりで 浜仕事
投げ捨てられた イワシを拾い
背中丸めて 指で割(さ)く
『小イワシは いらんかね
七日(なのか)経ったら 鯛になるよ』
夢で母ちゃんの 声が聞こえるよ

色足袋脱いで 横座り
手拭いはずした 母ちゃんの
汗びっしょりの 横顔見つめ
チクリ痛んだ 胸の奥
『小イワシは いらんかね
七日(なのか)経ったら 鯛になるよ』
今も母ちゃんの 声が聞こえるよ

今じゃ俺(おい)らも いっぱしの
魚河岸(いちば)の仲卸人(おろし)さ 魚売り
真水(まみず)で洗った イワシを並べ
思い出すのさ あの唄を
『小イワシは いらんかね
七日(なのか)経ったら 鯛になるよ』
俺の母ちゃんの 浜唄(うた)が聞こえるよ