dis-communicate – 福山潤

砂のように散り 風に消えるだけ
行き過ぎる誰もが見えない他人-Another-
真昼の夜を 望みもしないで
目的地へ流される陰

理解っていうのは…まるで砂漠を
走るようだ

真夜中…薄闇を探すように
光の中を浮かんでは消えて
交わる事さえも出来ないで
『本当の想いの何パーセントを知ってるんだ?』
感情と廻る情報の狭間の
儚き声を…拾い上げて

嘘を吐いていたって 本音を言っていたって
変わらない視線が集まる心-Terminal-
使わない侭の 窓枠を並べ
誰かの部屋を憧れるよう

雑踏の中じゃ…止まることさえ
出来やしない

新しい希望を何度失っても
宿り続ける理想胸に抱いて
繰り返す愚行笑い走り出せ
『本当の想いの1パーセントを捨てるな』
光陰と無為と現状の狭間で
竦(すく)む心に…喉を嗄(か)らせ

存在の理由はなんだ?
存在に理由はないか?

間違う事さえも恐れずに
傾いた目線を水平に上げて
真夜中…暗闇に見えるだろう
『本当の想いの何パーセントを知ってるんだ?』
感情は誰かの声じゃないだろう
猛る鼓動に…耳を澄ませ