華蕾夢ミル狂詩曲~魂ノ導~ – 神崎蘭子(内田真礼)

知恵の林檎が 虚言語る牢獄で
終了(オワリ)を告げる 鐘の嗤(ワラ)う声を待つ
純白(マシロ)きペエジ 描き出すその面影は
闇に咲いた 秘華(ヒメハナ)

華弁(ハナビラ)触れて 其の名を問えば
紅き双瞼(マブタ)が 禁忌の言葉に触れて
今 開く

L’inizio!
揺籠(ユリカゴ)ゆらす雷(イカヅチ)
覚醒(メザメ)に 騒ぐ鼓動の Choir
悪魔の手招 秘密の嬌声(ソプラノ)が
頬を染め上げて
Violenza

困惑(マヨ)いの翼 導かれた迷宮で
追憶するは 髪に触れた指先に
溢れる吐息 慕う想い(アニマ)が名を召喚(ヨ)べば
蘇る 幻影(マボロシ)

其の手を引いて 宣誓(チカイ)みせよう
紅き双唇(クチビル) 契の象徴(カタチ)に揺らし
今 開く

「裁キヲ……」

Silenzio!
戯れの時刻(トキ)は彼方
揺れる瞳 誘いこむ Unisono
鼓動爪弾く 甘美の獄に
今 貴方は踏み入った

L’inizio!
劇場(オペラ)の緞帳(マク)は上がった
命火(トモシビ) 賭して謳(ウタ)おう Aria
この業(カルマ) 汚れても
そう 高潔抱いて
Con grazia

沈黙の戒律は、
抑え切れぬ感情(パトス)に破られた。
其の贖(アガナ)いに煉獄を渡れと命じるなら、
如何様にも従おう。

然し傍観者よ!
この深淵に咲く華を、
貴殿らに裁くことは出来無い。

我を裁き (私ニ触レ)
我を罰し (私ニ囁キ)
我を赦すのは (私ニ微笑ムノハ)

そう、あの人だけだから……

Canizza!
喝采を示せ子羊
命火(トモシビ) 朽ちて消えても
この魂(アルマ) 迷わずに
そう 貴方と廻り続ける
Rapsodia

餞(ハナムケ)
散らして
微笑(ワラ)おう