パーフェクト・ルーキーズ – 神はサイコロを振らない

Dmさえも知らずに
ギターを抱いた少年の
10年先の未来を
誰が予想していただろう

10代でステージに立っている
アイツが羨ましくてさあ
部屋の隅でかき鳴らした音を未だ覚えてる

劣等感も羨望も
何者にも成れないという
憂鬱で悲観的だった
過去(モノ)が今を成す

白木綿雲ふかして
大人になった気がしていた
淡い青春映画みたいな
恋なんかしなかったけど

GAIN, MASTER
フルテンでリマインダー
イメージしていた夢より
もっと羽ばたいていたい

かけがえのない仲間を置いて
さよならを告げて1人
夢だけを便り辿り着いたこの街

未来都市で腐る気もサラサラないし
苦楽の内の楽よりも苦を見てきて

嘘つきな奴がいて
前に倣ってみたりもして
汚い大人に染まらないように
今なら言えるグッバイ

リライトしたい過去ならサラサラないし
真っ逆さま空から落ちようが
羽ばたいていたい

重なってきた記憶のピース
1つ欠けてしまえば
今見えてる景色は180度変わっちゃうし

分岐点の数だけ無限にあって
なくていいような事も
全て繋がっていた