初恋 – 神はサイコロを振らない × アユニ・D(BiSH/PEDRO) × n-buna from ヨルシカ

ねえ 海が見たいと笑った
君のようには うまく笑えなかった
うん いつか連れていくねって
指切りをして 少し恥ずかしくなって
わざと戯けてみた

夏霞たなびいて 空に溶けては また君を想う
今年もあの海まで 辿り着いたなら 逢えるかな
砂の足跡

気の抜けてぬるくなった
ラムネ越しでも 眩しく見えるもんだから
なんでもないラジオの会話で
誤魔化すけれど 恥じらう僕に
微笑みかける君

あの夏まで
もう一度だけ戻れるのならきっと
照れ隠しも躊躇うことも忘れて
夕凪の中 時間を止める魔法を

行方も知らされず
風に流されてゆく雲のようで
何処かで見てるかなあ

今年打ち上がれば 花火の下で 待ち合わせよう
同じ世界でまた 出逢えた時は 伝えるさ
初恋の人