P.S. ポカンポカンと雨が降る – 研ナオコ

夢を見る ひとときが
思い出に 変わる頃
泣きながら 振り返る
いつかの街角

やがて来る さよならと
心では知りながら
誰よりも 信じてた
あなたの言葉を

冷たい 夜風に 涙がひとしずく
抱(いだ)き合う くちづけは 永遠のしんきろう

好きよ 夜の街 お酒飲み同士じゃない
知り合って 寄り添えば
ポカン ポカン ポカン と雨が降る

夏は過ぎ 青空に
たそがれが 浮かぶ頃
待ちわびる 恋だけは
二度と溺れない

酔いざめの お茶を飲み
切なさをかみしめて
いたずらな 面影が
胸をかすめてく

いけない 逢瀬は 涙の物語
忍び会う 喜びは 熱いランデブー

好きよ いつまでも 泣かされ続けたのに
波音が 遠ざかり
ポカン ポカン ポカン と雨が降る

好きよ 夜のまち お酒飲み同士じゃない
知り合って 寄り添えば
ポカン ポカン ポカン と雨が降る
ポカン ポカン ポカン と雨が降る

コメントを残す