旅の宿 – 研ナオコ

浴衣(ゆかた)のきみは 尾花(すすき)の簪(かんざし)
熱燗徳利(あつかんとっくり)の首 つまんで
もういっぱいいかがなんて
みょうに色っぽいね

ぼくはぼくで 跌坐(あぐら)をかいて
きみの頬(ほほ)と耳は まっかっか
あゝ風流だなんて
ひとつ俳句でもひねって

部屋の灯を すっかり消して
風呂あがりの髪 いい香り
上弦の月だったっけ
ひさしぶりだね 月見るなんて

ぼくはすっかり 酔っちまって
きみの膝枕に うっとり
もう飲みすぎちまって
きみを抱く気にもなれないみたい

コメントを残す