どうぞこのまま – 研ナオコ

この 確かな時間だけが
今の二人に 与えられた
唯一の 証なのです
触れ合うことの 喜びを
あなたのぬくもりに 感じて
そうして 生きているのです
くもりガラスを伝わる
雨のしずくの様に
ただ ひとすじに
ただ ひとすじに
ただ ひたむきに

それは 馬鹿げた憧れか
気まぐれな 恋だとしても
雨はきっと 降り続く
くもりガラスを たたく
雨の音数えながら
どうぞ このまま
どうぞ このまま
どうぞ やまないで

さよならは 涙とうらはら
さめたコーヒーのようなもの
だからいつまでも このまま

どうぞ このまま
どうぞ このまま
どうぞ やまないで
どうぞ このまま
どうぞ このまま
どうぞ やまないで

コメントを残す