幸福ペンギン – 石風呂

見栄をはるだけが得意なペンギン
失敗ばかりを恐れてる
ワン、ツー、3、4で僕はハイジャンプ
そんなことばっかり夢見て
いざという時にはただ怯えて

多忙じゃないけど何かできるほどヒマでもない
魚を捕る
それで1日終わる

世界で一番不幸なペンギン
彼は未だ何も知らない
大事なこと、そうじゃないこと
全部、全部、全部

ただ大きなことを成し遂げるのが
生きる意味と彼は考えた
1、2 の 3 で奇跡の大ジャンプ
色んなものを見下ろせたらと
飛べもしないのに
ヘタレなペンギンさ

命よりも大事なものがきっとあると
探しているけど
見つけてどうすんの?

世界で一番不幸なペンギン
彼は未だ何もできない
余計なこと、そうじゃないこと
全部、全部、全部
道があっても船があっても
何故か僕を拒むような
気のせいかな、そうじゃないかな
そんなことをずっと

フラフラする
理由もないけど
途方もないくらい遠く連れていって

彼は突然どこやらへと
前も見ずに旅へと出た
見たことない景色の向こうに
自分の欲しいものを探して
1990年、気づけば彼は
自分の始まった場所に着いた
大事なもの、余計なもの
全部、全部、全部

世界で一番幸福なペンギン
彼はふいにそう考えた
飯もあるし友もいたし
そしてずっと生きて
怖がるなよ、レッツゴーペンギン
それでいいよ、それでいいよ
左を見て右も見てさ
少しずつ前へ